読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲+雑貨。つくりながらシンプルになりたい。

「コーヒー絵描き sugarcacao」名義で、コーヒー柄の紙雑貨やマスキングテープを作っています。主にminne(https://minne.com/items/1759415)などの通販サイトで活動するほか、グループ展の主催やZINE製作をしています。

マスキングテープの再販のお知らせ(徳島すだち柄・桜柄)

12/21(水)朝8時より、minneで

・徳島すだちのマスキングテープ

・桜とちょっと珈琲のマスキングテープ

 

を少しだけ再販します。

 

minne.com

 

minne.com

 

どちらも、委託先から少し戻していただいたもので

あまり数はありません。。。

 

すだち柄のほうは、完売しても、再発注をかけてまた再販するつもりです。

 

桜柄のほうは、ちょっとデザインを変えたいところがあるので、、、

現行デザインのものは、これで販売終了です。

またちょっとデザインを変えたものを、春に発売したいと思います。

 

 

 

コーヒー柄の雑貨を作り始めた理由。と作り続ける理由。

ちょっと暗い話注意

 

 

コーヒーおたくのサラリーマンと結婚していたんです。

夫婦でテイスティングセミナーや焙煎修行に通って、ついには焙煎機を買って、

週末には野外イベントやマルシェで、自家焙煎コーヒー豆の販売をしていました。

 

 

彼から、お店のロゴやパッケージに使うためのイラストを描いてと気まぐれに何度か頼まれて、

でもそれらが実際に使われることはほとんどなくて

むなしくて。集めた資料やラフスケッチを無駄にしたくない一心で。コーヒー柄のポストカードや包装紙を作って販売してみたのがはじまりです。

 

minne.com

 

だから、「コーヒー好きが高じてコーヒーの雑貨を作りました♪」ではないんですよね

純粋にコーヒーが好きで、私の紙雑貨を買ってくれている方には申し訳なかったです。

 

 

 

いろいろあって去年の夏に離婚して、

もうコーヒーともお別れしてしまおう、コーヒー絵描きなんてやめてしまおうと、コーヒー断ちをしていたんですが。

その秋にたまたま訪れた吉祥寺で、おしゃれなコーヒースタンドを見つけてしまい

ついついふらりと入ってしまった。

店内にある焙煎機が、むかし私が使っていたのと同じで。

不思議なご縁を感じました。

 

 

jikohtei.ciao.jp

 

これは、コーヒーをやめるなっていう神様からのメッセージかもしれない。

なんて、くだらないことを。

 

 

 

 

でもやっぱり、私の中では

コーヒー=元夫

なんですよね。

 

 

コーヒーに関するものを目にし耳にすると、

どうしても結婚していた間のつらいできごとばかり、思い出してしまう。

 

もともとコーヒーが飲めなかったのに、元夫と話を合わせるために

お腹が痛くてのたうちまわるほど、飲む練習をくりかえしていたこと。

 

「黒すぐりのような酸味」だの「ピーチのような甘み」だのがコーヒーから感じ取れなくて

テイスティングセミナーに出るのがプレッシャーだったこと。

 

遠くまで焙煎修行に行くたびに電車に酔ってしまい、修行どころではなかったこと。

etc…

 

それらすべてはもう過去のことなのに、いつまでもぐるぐるぐるぐる。。。。

 

 

 

「時間が経てば、忘れられる」

というその「時間」が経つ前に、とうとう鬱っぽくなってしまいました。

 

 

心配した周りの人からよく言われました。

まだ若いんだから、新しい恋をして幸せになりなよ、と。

恋は上書き保存っていうでしょ、と。

 

 

ああそうだ、

コーヒーも上書き保存すればいいんだ。

 

 

コーヒーを通して、もっともっといろんな人やいろんな出来事にあって、

あんな暗い記憶を全部、上から塗りつぶしてしまえばいい、、、

 

コーヒー=元夫

 

じゃなくて、

 

コーヒー=●●さん、◆◆ちゃん

 

と思い浮かぶような、

●●さんや◆◆ちゃんにたくさん出会えればいい。

 

そう思いつきました。

 

 

 

 

それから今日まで1年、

コーヒーをテーマにしたグループ展を2回、やらせてもらって

個人的にも、大型イベントに出たり個展を2回やらせてもらったり。

 

 

sugarcacao.hatenablog.com

鬱っぽいのを振り切るように、あれこれ動き回ったおかげで

●●さんや◆◆ちゃんにあたる人たちに、たくさん出会えた気がしています。

 

いいこともしんどいことも、思い出はとにかくたくさんできました。

 

なので上書き保存は、だいたい完了したかなあ。

でもこれからも、上書きし続けると思います。

マイナスがやっとゼロになったところなので。これからはゼロからプラスへ。

 

 

 

 

 

通販で、イベントで、グループ展で。

私のコーヒー活動に関わってくれたみなさん、ありがとう。

こんなネガティブすぎる動機で、ごめんなさい。

 

でも、ただ単に「コーヒーがすごく好き!」みたいなきれいな理由よりも

こっちのほうが、動機としてはずっとずっと強固な気がするのですが。どうでしょうか。

 

 

 

 

私のこの行き場のないぐるぐるが、

 

何か美しいもの、善きものに昇華されて

 

私自身と、それに触れた人を癒してくれたなら

ぜんぶぜんぶ、むくわれる気がする

 

 

そんな漠然とした、でもすがるような強い願いでもって。私はこれからも「コーヒー絵描き」でいつづけようと思います。

 

来年も、コーヒーの周りでいいこといっぱいありますように!!

 

コーヒー展@三軒茶屋LUPOPO vol.2 開催します![12/8(木)~12(月)]

三軒茶屋のちっちゃなかわいい雑貨屋さん・LUPOPO cafe&galleryにて

 

さむーい季節にぴったり!

コーヒーがモチーフのハンドメイド雑貨・

イラストグッズを集めたグループ展を開催します。

 

今回が2回目の開催で、出展作家は14名!

f:id:sugarcacao:20161126001901j:plain

f:id:sugarcacao:20161126001905j:plain

コーヒー好きさんも、

コーヒは飲めないけどコーヒーモチーフが好きな人も。

お気に入りを探しにぜひふらりとお越しください♪

 

 

LUPOPOさんは小さなカフェスペースを併設しているので、

おいしいコーヒーやチーズケーキもいただけますよ~。( ´艸`)

 

 

INFOMATION

会期:2016/12/8(木)~12(月)

会場:LUPOPO cafe&gallery

154-0024 世田谷区三軒茶屋1-35-20 1F

TEL/FAX03-6228-1097

営業時間:11301930

定休日:火・水曜日

URL : http://lupopo.net/

 

 

 

f:id:sugarcacao:20161126001744j:plain

 

 

 

*出展者リスト*

emi )イラスト、雑貨、アクセサリー

atelier mayuuuuu)布、編み雑貨

羊毛フェルトと手仕事工房 ちびらーさん._)羊毛針山、雑貨、アクセサリー

革工房 moca)コーヒー染め革小物、コーヒー関係等の革小物

珈琲絵描きsugarcacao )マスキングテープ、レターセットなど

(↑ここまでLUPOPO委託作家)

 

paonooto ヒゾノミホ)ミニイラスト展示とグッツ

ソライロ ソラコ)水彩原画

珈琲水彩画家 *ユキンコアート*ナカネユキコ*

)ミニ珈琲画/マッチ箱入り豆本/透明film雑貨

橘屋 あれん)イラスト(原画)やグッズなど

38.PARTY)イラスト・雑貨・アクセサリー

イラストレーター 美和子)ステッカー、ラッピングペーパー

日々ノ 鴇 )原画・小物

たなかひとみ)色鉛筆原画

澤田 麻里絵@marie_s_works )Cafeに集うゆる~いキャラクターたちの雑貨

 

 

 

ちなみに9月はじめに開催した前回(第1回)のようす。

f:id:sugarcacao:20161001193836j:plain

 

f:id:sugarcacao:20161001193923j:plain

f:id:sugarcacao:20160902184142j:plain

f:id:sugarcacao:20160902184144j:plain

9名の作家さんが出展!お越しくださった皆様、ありがとうございましたヽ(*´∀`*)ノ.+゚

 

その時お店にお客様として来てくださったあれんさんが、今回の出展メンバーになってくれているという。

じわじわコーヒー党の輪が広がっています(`ω´*)

 

 

 

るぽぽのほん。vol.0 全国の設置協力店さまリスト

三軒茶屋の雑貨屋・LUPOPOさんのフリーマガジン

「るぽぽのほん。」

のひとり編集部をやっている私です。

 

 

(経緯についてはこちら)

sugarcacao.hatenablog.com

 

 

三軒茶屋のお店に直接来られるお客様だけでなく、

全国47都道府県、どこのLUPOPOファンにも

「るぽぽのほん。」を読んでもらえるといいなと思って

各県から1店ずつ(大阪は2店)、

協力してくれそうな雑貨屋さん(主にハンドメイド委託店)をリストアップしました。

 

 

sugarcacao.hatenablog.com

 

 

そのリストをLUPOPOの店主さんに投げて(笑)、

全国の雑貨屋さんに「ほん置いてもらえませんか?」メールをして頂いたところ、

返信があったのが、

 

23軒

 

 

約半分!

 

 

 

 

これって多いんでしょうか少ないんでしょうか。(・ω・)

 

LUPOPOの店主さん多いと思いますよー(^v^)

 

……そうですか

 

 

(正直ちょっと少ないと思ってションボリしました。笑)

(でも快く応えてくださったお店の皆様、ありがとうございます!!泣)

 

 

協力店さまのリストは

るぽぽのほん。vol.12冊目。制作中)にも掲載しますが、

とりあえずこちらにも載せておきたいと思います。

(リストはこのブログの最後に!)

 

 

雑貨屋のみなさま、

ご協力&twitterblogでの宣伝・拡散ありがとうございました!

2冊目も置いてくださると、う、嬉しいです!!(必死)

 

 

たくさんのお店の方から、

るぽぽのほん。目当てに来られたお客さまと新たな交流が生まれたというような、嬉しい話も聞こえてきています。

こういう、小さいけど新しい流れができていくのを見るのは楽しい( ´`)

 

 るぽぽのほん。がない残りの県については、お店選びをやり直すかSNSで情報を募るかして

再アタック予定です。全国に行き渡りますようにー

 

 

あと、

るぽぽのほん。は当初、1ヶ月に1冊くらい出したいなあという計画だったのですが

今後はある企画の関係で、発行が3ヶ月に1冊ペースとなります。

 

 

 

この企画のために、夏から何回か店長さんと一緒に

企画に協力してくださるありがたーーーい方々との打ち合わせを重ねてきました。

早く発表したいけど、これはまだ社外秘。です。

は、早く言いたい……

 

 

 

 

それではここから

 

るぽぽのほん。vol.0 全国の設置協力店さまリスト

(※お店にもう在庫がない場合もありますのでご注意を!)

 

 

◆東北

ハンドメイドと雑貨のお店 charm

青森県八戸市長苗代二日市10-1 フジケン季節館アーティスト村

 

雑貨屋 hina

秋田県能代市大瀬儘下6-45

@

 

HAKOMISE

山形県山形市十日町2-4-6

 

 

◆関東

cafe Schuhe

茨城県つくば市高野台2-2-1

@

 

BEAUTIFULROCK

群馬県高崎市大八木町518-3 光明不動産第3テナント 1F

@

 

はるカフェ

神奈川県川崎市麻生区百合丘2丁目3-6 佐藤ビル1-B

 

 

◆中部

handomadeOR

新潟県長岡市東蔵3-2-16

Twitter:or_nagaoka

 

雑貨Soup

山梨県中巨摩郡昭和町押越2223

@

 

 

Connect

長野県松本市中央1-10-25 UD(Universal Design)ビル2F

 

music&zakka Lykkelig-リュケリ-

石川県金沢市小立野1丁目6-22メゾンノア1F

 

haco28+

静岡県静岡市葵区鷹匠3丁目8-

 

 

◆近畿

Art Studio Harukaze

三重県津市高茶屋小森町1582-5

 

 

ヒッコリーチャーム

滋賀県大津市里山一丁目18-16

 

peaberry

京都府京都市上京区今薬屋町307-1

@

 

 

土塊LINK

大阪市東住吉区山坂5丁目19-18 2

@

 

 

神社のとなりの雑貨屋さんAJUKAJU

大阪府堺市堺区甲斐町東2-1-6-1F

@

 

 

ギャラリー&雑貨 アトリエシード

兵庫県神戸市中央区北長狭通4-7-3 元町フタバビル 201

@

 

 

中四国

Hutte

山口県下松市桜町3丁目16-18

@

 

 

にちにち雑貨店

徳島県鳴門市撫養町南浜字東浜382

 

 

◆九州

雑貨 恋もみじ

福岡県北九州市八幡西区木屋瀬3丁目1812

 

Rappo+

長崎県西彼杵郡長与町高田郷3737-3

@

 

 

くるるん雑貨店

宮崎県小林市南西方6287-11

@

 

 

わわcafE

沖縄県中頭郡沖縄県中頭郡北谷町浜川227 外人住宅S-60

 

 

 

 

 

 

るぽぽのほん。誕生秘話?②

(①の続き)

sugarcacao.hatenablog.com

 

 

 

 三軒茶屋の雑貨屋さん、LUPOPOのファンブック

るぽぽのほん。」を作ろう!と決めた私ですが、

その時は自分で「制作」をやろうとまでは思っていませんでした。

 

 

ただ「企画」するだけ、だと。

 

 

てっきり、中身の文章を書いたり、誌面レイアウトのデザインを考えたりは、

編集プロダクション的な人たちにお願いしてお任せするもんだと。

 

でも店長さんと話し合いを重ねるうち、

 

「いまはどこも出版不況。

いきなり(商業出版の)本を作ろうとするのではなく、

まずは小冊子(フリーマガジン)を作ることからはじめたらいいのでは?

 

という話に。

 

 

さっそく、いつもお世話になっている「グラフィック印刷」さんで見積もりをとり。

A5サイズで中綴じ製本、表紙は少し厚めの紙、中身は8ページくらい…

「このくらいの金額ならいけそう!」と、まずは1000部作ることに。

 

 

 

「8pくらいなら、誌面レイアウトはちゃちゃっと考えられるなあ。

もしかしたら中身の文章も、自分で書いた方が早いかも。

わたし最近IllustratorPhotoshopの講座に通い始めたから、

ひょっとして制作の実作業まで、

誰かに頼まなくてもできちゃうのでは……?」

(誰かに頼むと時間がかかるし)

 

 

 

ということで、

・表紙や挿絵のイラストは、いろんなLUPOPO作家さんにご協力・ご提供頂き

・LUPOPOで販売されている可愛い作品の写真を店主さんに撮って頂いて

・集まった素材を私が小冊子のカタチに編集し、店主さんに最終チェックして頂く。

 

という流れで制作を行いました。

ただの「企画」どころじゃなかった(Д;)

 

 

最初に「本が欲しい!」と言ってから、実際に「るぽぽのほん。」がリリースされるまで4ヶ月近く。

そのあいだずっと、

いったい私は何の権利があって、

LUPOPOの小冊子を作らせてもらっているんだろう……?」

と不思議に思ったりしていました。(笑)

 

自分が言いだしっぺのくせに、

言ったことが実現に向かってゆくのが、他人事のようでどこかふしぎでした。

 

 

 

そんなふうにして、やっとこさ完成した

「るぽぽのほん。vol.0」

 

三軒茶屋のLUPOPOさん店内及び、

全国の協力してくださる雑貨屋さんで無料配布中です♪

 

 

 

LUPOPOファンによる

LUPOPOファン

LUPOPOを愛でるための本!

 

…というだけでなく、

LUPOPOを通してハンドメイド雑貨の世界をもっと楽しんでいただけたらいいな〜

と思います。

 

vol.1、vol.2も鋭意制作中です(#`ω)

 

 

 

sugarcacao.hatenablog.com

 

 

 

 

「珈琲宇宙のマスキングテープ」作りました。

minne.com

 

私が宇宙の魅力に出会ったのは、子供の頃。

 

家に「宇宙の図鑑」があったから。

 

2つ上に兄がいるからでしょう、

ほかにも「さんすう大図鑑」「植物さいばい図鑑」

などの子供向け理数系図鑑が、いろいろ揃えられていました。

兄より私の方が夢中になって読んでいましたが。(活字中毒だったので)

 

 

そのころ私が宇宙に見出した魅力というのはたぶん、

「ここではない、無限に妄想できる素敵などこか」。

 

スペースシャトルを中心とした宇宙開発の話とか、

星座とギリシャ神話の話とかは、

あまり興味を引かれませんでした。

 

 

わくわくするような妄想の種になったのは、

 

太陽が私たちの地球に比べてめちゃめちゃ大きいこと、

 

その大きい太陽でさえも、宇宙にたくさんある恒星のひとつでしかないこと、

 

その恒星系がたくさん集まって銀河をかたちづくっていて、

 

さらに銀河がたくさん集まって銀河団ができて、

 

その銀河団は他にも数え切れないくらいいっぱいあって

 

それを全部のみ込めるくらい大きい、

 

 

宇宙。

 

 

 

えええええーーーーーー。

 

でかーーーーーーーーーっ。

 

しかもまだ、でかくなり続けている(かもしれない説)。

 

 

もうそれ、実在するというよりは、概念じゃん。

(小難しい言葉を使う小学生でした)

 

 

そのスケール感、全然想像できるわけないのに、

 

図鑑を開いては一生懸命リアルに想像しようと頑張って、そのたび気が遠くなっていました。

(太陽の暑さとか火星の寒さとかも想像してはクラクラしてました)

 

 

いつか死んで幽霊になったら、

地球を抜け出して宇宙をふよふよと漂って。

いろんな星の大きさをしこたま実感するのが夢です。

(幽霊なら太陽に近づいても暑くなさそうだし)

 

それで、宇宙に果てがあるのかないのか、

実際に行って確かめてみたいと思います。

 

ライターっぽいこと始めました。それで「愛」について考えたりしました。

読売ランド前(神奈川)にある、お気に入りのカフェ・ゆい〜と

Home - café ゆい~と

の常連さん・Sさんに声をかけて頂き、

ときどきライターをやらせて頂くことになりました。

 

Sさんが立ち上げたばかりの、

One Mile Project

という情報サイトにて。

 

onemile-project.com

One Mile Project(ワンマイルプロジェクト)とは

川崎市麻生区新百合ヶ丘駅を中心とした1マイル(約1.6km)のエリア内にある子育て情報を集めた情報サイトです。

Webサイト内で見つけた情報にすぐに会いにいける距離ということでエリアは1マイルに限定しています。

自分の趣味趣向にあった情報をサイトで見つけて、実際にイベントやお店に出かけていって、そこで気の合うママ友に出会う。そんなかたちでこの地域のママさんたちのゆるいコミュニティが醸成されていけたらと考えています。

 

 

私は独身で、子供もいないし恋人もいないし

特にこの先結婚の予定も希望もないのですが。

 

去年ある待機児童問題に関する記事を読んでから

(この記事をシェアしたいけど見つかりませんでした)、

「子育て当事者じゃない人が子育てをとりまく環境について考える事、関わる事」

に興味を持つようになっていて。

 

それから周りで地域おこしの活動をしている人も多く、

郊外型の地域コミュニティのありかた、つくりかたというものについて気になりだし、

「まちづくり」への関心を深めるべく

世田谷区主催の行政評価ワークショップというのに参加したりもしていました。

 

そんな中で頂いたお話。

Sさんは大恩ある人でもあり、二つ返事で引き受けました。

 

るぽぽのほん。以外でインタビューやったことなかったんですけど(°°;)ね!

*1

 

 

Sさんからは、

「お互いがWin-Winになるようにやっていきたい。

Mちゃん(私)の、今後の仕事のスキルにもなるような記事を担当してもらいたいんだよね。

どんなのが書きたいとかある??」

 

と言われたので、

「ちょっとミーハーなので、知らない新しい世界が覗けると、非常に喜びます(*´`*)」

 

とリクエストしました。

(今まで出会った事のない職業の人に出会うと、なぜかめちゃめちゃテンションがあがります)

 

 

結果、

記念すべき最初のライター仕事は

「ちいスタ」さんという、赤ちゃんとママ専門の

おうち写真スタジオさんへのインタビュー。

 

初回ということもあり、

Sさんと一緒に取材に行って、インタビューはSさんにして頂き

(時々私も質問はする)、

録音した素材をもとに私が記事に起こす。というかたちになりました。

 

実際の記事がこちら。

 

 

onemile-project.com

 

 

 

ご自身の家族をほんとうに大切に想っているからこそ。レンズの向こうにある、赤ちゃんとママの愛情あふれる世界を、一瞬のきらめきを。見出して大切に写し取ることができるのかもしれません。

 

▲ 記事の最後をこう締めくくっています。

これは、最近ものすごく考えていたこと。

 

 

例えばマンガやドラマでよくありますよね。

 

クリスマス前に彼女がいない主人公。

街でラブラブしている恋人たちがやたらと目について、

やたらと幸せそうに見えて。

同じくモテない友達とつるんで、カップルへの呪詛を唱える……みたいな。

 

 

これって、真逆のケースもあると思うのです。

 

自分が幸せなときほど、

街に出ると、幸せそうな人たちがすごく目につきませんか?

若いカップルも、小さな子連れの家族も、寄り添い合うようにゆっくり歩く老夫婦も。

 

自分が同じ立場だからこそわかる、

あの人たちの間でも愛情がぐるぐる回っているんだなあ、という感覚。

 自分が幸せなときほど、その感覚が「深くなる」。気がしています。

 

まあ私いま独り身なので、そんなにわからないんですけどね。(笑)

だからこそ余計、ちいスタのフォトグラファー・Chikakoさんには、

私がまだ見えないレベルの美しい世界が見えているんだろうなあと。

取材を通してそういう風に思った次第です。

 

 

 

*1:るぽぽのほん:三軒茶屋のハンドメイド雑貨屋LUPOPOさんで不定期発行しているフリーマガジン。今の所、私がひとり編集部をしています。