読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲+雑貨。つくりながらシンプルになりたい。

「コーヒー絵描き sugarcacao」名義で、コーヒー柄の紙雑貨やマスキングテープを作っています。主にminne(https://minne.com/items/1759415)などの通販サイトで活動するほか、グループ展の主催やZINE製作をしています。

るぽぽのほん。誕生秘話?②

LUPOPO活動

(①の続き)

sugarcacao.hatenablog.com

 

 

 

 三軒茶屋の雑貨屋さん、LUPOPOのファンブック

るぽぽのほん。」を作ろう!と決めた私ですが、

その時は自分で「制作」をやろうとまでは思っていませんでした。

 

 

ただ「企画」するだけ、だと。

 

 

てっきり、中身の文章を書いたり、誌面レイアウトのデザインを考えたりは、

編集プロダクション的な人たちにお願いしてお任せするもんだと。

 

でも店長さんと話し合いを重ねるうち、

 

「いまはどこも出版不況。

いきなり(商業出版の)本を作ろうとするのではなく、

まずは小冊子(フリーマガジン)を作ることからはじめたらいいのでは?

 

という話に。

 

 

さっそく、いつもお世話になっている「グラフィック印刷」さんで見積もりをとり。

A5サイズで中綴じ製本、表紙は少し厚めの紙、中身は8ページくらい…

「このくらいの金額ならいけそう!」と、まずは1000部作ることに。

 

 

 

「8pくらいなら、誌面レイアウトはちゃちゃっと考えられるなあ。

もしかしたら中身の文章も、自分で書いた方が早いかも。

わたし最近IllustratorPhotoshopの講座に通い始めたから、

ひょっとして制作の実作業まで、

誰かに頼まなくてもできちゃうのでは……?」

(誰かに頼むと時間がかかるし)

 

 

 

ということで、

・表紙や挿絵のイラストは、いろんなLUPOPO作家さんにご協力・ご提供頂き

・LUPOPOで販売されている可愛い作品の写真を店主さんに撮って頂いて

・集まった素材を私が小冊子のカタチに編集し、店主さんに最終チェックして頂く。

 

という流れで制作を行いました。

ただの「企画」どころじゃなかった(Д;)

 

 

最初に「本が欲しい!」と言ってから、実際に「るぽぽのほん。」がリリースされるまで4ヶ月近く。

そのあいだずっと、

いったい私は何の権利があって、

LUPOPOの小冊子を作らせてもらっているんだろう……?」

と不思議に思ったりしていました。(笑)

 

自分が言いだしっぺのくせに、

言ったことが実現に向かってゆくのが、他人事のようでどこかふしぎでした。

 

 

 

そんなふうにして、やっとこさ完成した

「るぽぽのほん。vol.0」

 

三軒茶屋のLUPOPOさん店内及び、

全国の協力してくださる雑貨屋さんで無料配布中です♪

 

 

 

LUPOPOファンによる

LUPOPOファン

LUPOPOを愛でるための本!

 

…というだけでなく、

LUPOPOを通してハンドメイド雑貨の世界をもっと楽しんでいただけたらいいな〜

と思います。

 

vol.1、vol.2も鋭意制作中です(#`ω)

 

 

 

sugarcacao.hatenablog.com